看護師と医師の関係

若い研修医ばかりあさる看護師

私が総合病院で働いていたとき。大きい病院なので、何ヵ月毎に研修医がそれぞれの病棟に配属されてきます。何人もいれば一人のときもあります。もちろん女医の場合もあります。その情報は大体、年配の部長クラスの医師から「来週から〜の病院からくるよ」と言う具合で入ってきます。そして、詳しくは師長が知っているのです。だからスタッフは、きちんとした情報はあまり分からず、配属されてきてから分かることが多いのです。

それなのに、やたらと詳しい看護師が1名いました。その当時は私の5つ上の先輩で26歳の独身の看護師でした。どこからくるとか、どのくらい病棟にいるのか、専門職はなんなのか、年齢と性別、性格までも知っているのです。師長に聞いていたのか、部長医師に聞いたのかは分かりません。そして、自分の条件にあった男性研修医が顔見せにきて、好みだった場合は、女性特有の声が変わったり、態度が急変したりします。

スタッフは、またか、くらいにしか感じないほど、毎回のようにそのようなことが繰り返されます。もし、自分の好みの男性研修医でないときは、すごく機嫌が悪くなるのです。そして、スタッフにも厳しくなり、いわゆる八つ当たりがきます。好みの研修医には、必ず一緒に処置を回れるような勤務体制にしていました。26歳になると、その病院ではもう上の方の看護師であったため、何でも許されているような状態でした。

リーダーをやれば、夜勤中の患者さんの状態を医師に一対一で申し送りが出来るのです。なので、いつもは嫌がりやらないリーダー業務を日勤のたびにするようになっていました。もちろんそうなると、研修医に顔を覚えてもらえるのが早いのです。優しく接すれば、なんて優しい看護師なのだろう、と思われていくわけです。そうなると、もう彼女の手に1歩入り込んだ状態になるわけです。

そして、研修医が入ればもちろん1ヶ月だけでも歓迎会が行われます。いつもは参加もしないような看護師までもが、出席します。もちろん研修医を狙っているわけではありません。彼女の研修医への猛アタックを見たいのです。隣に座り、お酒を注ぎ、ボディタッチをして酔ったふりをすれば、ほとんどの研修医は落ちてしまうのです。なぜなら、彼女は綺麗な容姿をしているのです。その猛アタックと研修医が落ちるところを見逃すわけには、いかないのです。

翌日にはその話題で、病棟が盛り上がるからです。そして、普段の彼女と研修医の態度が変わります。そうなると、もう落としたということになるのです。でも、彼女は研修医を落としても研修医が他の病院に移ってしまえば、もうそこで終わりなのです。新しい研修医をまた狙うのです。1度だけ、彼女に落ちない研修医がいました。それは、研修医の方が若い看護師の方を気に入ってしまったからです。そうなると、若い看護師は、彼女から嫌味を言われ、何かにつけて注意をされるのです。その若い看護師は耐えられず、他の病棟に移ってしまいました。その彼女が結婚したという噂は今もありません。

スポンサードリンク
【看護師と医師の関係の最新記事】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。